わいんの日記

生きてます

病院

こんばんは、わいんです。

 

今日は、病院にいってきました。

先生の態度はかなりきつく、とても威圧的で、リラックスして話せるものではなかったので、つらかったです。

一応、適応障害ということで、診断書を書いてもらいました。

自分は病気なんだ、とか思うと、あんまりよくないみたいなので、ゆっくり元気になっていければな、と思います。

 

 

まあ、そんなこんなで、今月いっぱいで仕事を辞めさせてもらうことになりました。

色々、思うことはありますが。

このまま生きてていいのか、とか、自分なんかがご飯を食べていいのか、とか。

 

あと、街を歩いていて、改めてすごいなーと思ったことがあります。

街中には、たくさんのお店、ビル、会社、があります。

その1つ1つに人がいて、その人達はそこで様々な仕事をしている、ということです。

接客したり、販売したり、料理したり、掃除したり、事務をしたり、営業をしたり。

 

多くの人が働いて、街を作っているんだな、見慣れた街でも、見かたひとつで、こんなに変わるんだな、と感じました。

僕からすれば、そんな風に働いている人達は本当にすごいと思うし、自分が情けなくも思います。

逆に言えば、仕事は世の中に色々あるんだな、とも思えました。そういう風に考えていければ少しは気持ちが前に向いていくのかな。

 

とりあえず、あと1週間とちょっと、頑張って仕事をこなして、いきたいと思います。

そのあとは、ひとまず、ゆっくりできたらなあ、と。